プロフェッショナル
だからこそ提供できる
死角のない総合警備

未然に防ぐために動く
解決するために動かす

本物の経験と
多様な資格・スキルを備えた
プロフェッショナル人材が対応

警備業務

立っているだけ、
臨機応変な対応もなし
そんな警備で
満足していますか?

“攻めの警備” 
それが当社の強みです

近年、事故や犯罪、自然災害などが多発しており、
これまで以上に警備業務に求められるサービスは多様化かつ高度化しているのではないでしょうか。
広い範囲に目を配り、リスクを未然に防ぎながら、万が一の際にはダメージを最小限に食い止めます。

危機対応
コンサルティング

目の前に迫っている危機や
トラブルを
眺めているだけで
いいのでしょうか?

グレーゾーンの案件でこそ、
当社の解決力をお試しください

弁護士が専門とするのは法律問題であり、警察が対応するのは基本的に犯罪行為です。
何らかの危機やトラブルが迫っていても、法律問題や犯罪行為に当たるかどうかはっきりしない場合、
対応がどうしても後手に回ってしまいます。

リスク管理顧問

組織全体でリスクに備える
仕組みづくりをトータルにサポート

未然に防ぐリスク管理の
重要性が高まっています

ビジネスにおける人的リスクには、社外関係者によるものと社内関係者によるものがあります。
社外関係者のリスクとして代表的なのが、反社会的勢力(反社)です。
また、社内関係者のリスクとしては、様々な犯罪行為やハラスメントなどの労務問題に加え、最近はSNSがクローズアップされるようになっています。

よくご相談いただくご質問

  • 個人でも相談できるのでしょうか。

    はい、もちろん可能です。
    まずは電話かメール、お問合せフォームからご相談ください。

  • 何から相談したらよいか分からないのですが。

    そのようなお客様は多くいらっしゃいます。まずはお気軽にお問い合わせください。
    こちらの質問にお答えいただくだけでも問題点は発見できることもあります。

  • どのサービスを選べば良いか分かりません。

    当社は包括的なセキュリティ対策専門企業です。
    どのサービスをお選びいただいても、熟練のスタッフが各所のリスクを発見し、課題解決のご提案をいたします。
    まずはご状況をお聞かせください。

  • 人事・労務といった専門領域もお任せできるのでしょうか。

    はい、可能です。
    状況によっては、提携の弁護士や社会保険労務士、税理士など、
    外部のプロスタッフと協力して対応させていただきます。

  • 弁護士を顧問にするのと比べてどういった違いがあるのでしょうか。

    一般的に、弁護士の場合は法律上でのみの判断が通例となりますが、
    当社では、法律では判断しきれないグレーゾーンの案件について、
    現実的に改善できる方策を検討し、ご提示いたします。

  • どのような業界の顧問実績がありますか。

    物流業・学校法人・建築業・商社・金融業・飲食業・芸能・アパレル・産業廃棄物処理業者など各方面の実績がございます。

よくある質問一覧へ

NEWS

お知らせ